八千代市 ピアノ教室 | 焦らずに見守ろう♪

かおる*ピアノルーム♪

かおる*ピアノルームBLOG

pianoclass BLOG

焦らずに見守ろう♪

ピアノのレッスンの受講が始まり

ドキドキワクワク♡

 

と通い出したのに我が子は

なんだかあまり進んでない?

練習しない?

と心配になっている保護者の方がいましたら

ぜひ小学校の1年生の教科書を

思い出して下さいね♪

 

平仮名を習い、片仮名を習い、漢字を習い

字が読めるようになって

次は文章の理解、文章の段落などの形式の理解・・・

と学年が上がるに連れ

順番に学習していきます。

 

ピアノのレッスンも一緒です♪

 

音符の長さ、高さを覚え

次に読譜の理解、段落など形式の理解

さらには音楽用語を知り・・・

と順番に学習します。

 

小学1年生の国語の教科書の字が少ないように

習い始めの楽譜の音符が大きく書かれ、少ないのも

少しずつ覚えていけるように、という

配慮があるのです。

 

学校の教科書も最初のうちは

先生が音読して聞かせて

それをまねさせて読ませたり

字を読み、文章理解に進むまでには

長い期間の積み重ねをしています。

 

そう

知識も経験もないヒトが長編小説を読めないと

同じコトなんです。

 

ですから

楽譜が読めない事に拘らずに

模範演奏を聴かせたり

一緒に楽譜を読んだり

と覚えるまでは必要な手助けをしてあげましょう。

 

そして

こういう最初の時期こそ

ピアノに向き合う楽しさを存分に感じると

知識、経験の増加とともに

自発的にピアノに向かって練習をするようになります♪

 

読書好きになるのと同じですねo(^-^)o

 

ですから

短い時間でもお子様が喜んでピアノに向き合うなら

心配はいりません。

 

焦らずに見守ってあげましょう♡

 

そして

楽譜は読めた方がいいですが

読むよりも大切な事は

ピアノの演奏を楽しんで

心をこめて弾けるようになる事です♪

 

ピアノは元々暗譜して演奏する楽器です。

 

どんなに短い4小節程度の曲でも

家庭でホームコンサートとして

暗譜してお辞儀をして演奏する機会を作るなど

ミニピアニストのような経験を

させてあげるのもいいかもしれあせん。

 

ぜひやってみて下さいね♪

 

感謝をこめて♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す




HOME

TOP